引越し業者の発注は正確には同時にするものではありませんが – 影響力と反応がものをいう頂点を決める会議
 

引越し業者の発注は正確には同時にするものではありませんが

| Posted in 未分類

退去する日はだいたい決められているのは出て行く日の一ヶ月くらい前に決まっています。
たまに2〜3カ月前に設定されている場合もあります。
そういう場合は、気をつけておきましょう。3ヶ月より以前に報告しなくてはならないのに前月でいいと思いっていた場合は2、3ヶ月分の家賃を請求してくることもあります。引っ越しの準備もいろいろとありますが新居へ運ぶか、もしくは捨ててしまうかという荷物の選り分けを進めていくと、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。

たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。

粗大ゴミは、処分方法をまず、自治体に問い合わせてその通りに処分します。粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。

大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、大型家具、家電などにはなるべくダメージを与えないようにしましょう。

新居の雰囲気に合わせて手に入れた大型家具などでしたら、市販の緩衝材などもふんだんに使って用心深く運ぶようにしたいものです。

きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。

転居が完了した後に必ずくるのが、新聞屋とNHKですよね?まるで転居を見ていたかのように迅速な対処ですよね。

最近は、パソコンが当たり前の時代なので、昔よりは、拒否しやすいわけですが。ニュースは、スマホで見れますので、テレビがつながっていなくても全く変ではありません。

だから、NHKの受信料は払う必要はありません。冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。

冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば準備は完璧です。

冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。
閑散期と違うときは、会社を変えたり、学校が変わって、家を転居することが多いです。シーズンを通して大変引越する会社の需要が多くなるときなので、運搬コストが忙しくない頃と比べると高いことが多いので沢山比較することで安くしてみましょう。引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。

私の場合は、家を新築したため、新しいガスコンロが用意されていましたが家具付きアパートなどでは、元々のガスコンロで間に合うこともあります。

プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。

引っ越しは何度もしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。

「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。

まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。それらが、自分で作った陶器だったため、とてもショックを受けてしまいました。
ですが、お金に換えられるものではないし、文句をつけたりはしませんでした。

ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。
専門業者を使うことなく、自分で引っ越し作業をしたいならまずは荷物を少なくすることを考えます。
そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、詰め込みやすくするための工夫をします。

大きすぎないダンボールを使って荷物を作るようにする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。

一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。年金でやりくりしていますが、市営住宅から民営住宅へ住居を移す事にしました。歳をとると、段差の少ない建物がいいです。また、介護士の訪問等が来てくれる住居に住みたいという夢もあります。

出来るだけ息子には、面倒を掛けさせたくありません。就職で都会に出てきて一人暮らしをはじめようという時に、部屋に持ってくる荷物が少なくて、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。
衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。
なので、引っ越し業者の利用よりもずっとずっと安かったです。寝具や生活雑貨は後から新しく買うことにしていましたからこんなやり方もできました。
学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。この際だからと、不要なものや着なくなった服など思い切って処分して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。
大分なら引越し業者が安いはず


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です